業務内容は事前に確認しよう

本格的にパティシエを目指したい、または洋菓子店自体の雰囲気が好き、などケーキ販売に関するバイトを希望する理由は人により異なるであろう。
店舗の中でどの程度までケーキ製造に関われるかという点については店舗や求人内容によって大きく異なってくるもので、その点を求人広告できっちり確認しなければならないだろう。
要はケーキの販売スタッフ求人と製造スタッフ求人をしっかり区別し、自分の望む業務のバイト求人に応募するのが望ましい訳である。
仮に両方の業務を兼用しなければならない個人経営の小規模な店舗では、製造から販売接客までをこなせる器用な人材が重宝されるであろう。
対照的に分業化が進んでいる大手洋菓子チェーン店の大型店舗であれば、販売スタッフは販売のみの業務に専念でき、特に洋菓子やその作り方に関する知識が無くとも、販売スタッフ経験さえあれば十分にバイトをこなす事が出来るのだ。
また、これら業務分別の心配をしなくとも済むのがクリスマスシーズンを始めとした特設販売コーナーでの販売業務である。
特設コーナーには基本的に出来上がり品しか置かない為、普通の接客サービスを行っていれば十分に仕事になるのである。
そして、販売よりもケーキ製造に関わりたい場合も同じだ。
将来パティシエを目指すなら、専門学校に行くほうが早いかもしれないが、必ずしも専門学校に通っていないとケーキ製造に関われない訳ではない。
繁忙期になると、パティシエの補助や雑用をする製造補助のバイトが募集されるが製造補助は未経験者でもOKな場合が多いのだ。
パティシエの補助を通して、いろいろと現場の事を学べるので、将来パティシエを目指す人におすすめの仕事と言えるだろう。