ケーキ工場のアルバイトの特徴とは

ケーキの甘い香りやきれいなデコレーションを見ると心が落ち着く人はたくさんいるだろう。
一人でケーキを仕上げることが難しいが、工場なら大好きなケーキ作りに関わる事が可能だ。
そこでケーキ工場でのバイトの作業内容を説明しよう。
まず、工場でバイトをする場合には、ジャンル的には軽作業のバイトのため、それほど難しい作業や熟練した技などは必要ない。
年齢も18歳以上であれば男女問わず雇ってくれるのだ。
また、学歴等も必要がないため、工場によっては中卒でも雇ってくれるところも少なくない。
工場内の作業は、ライン作業と仕込み作業に分かれるのが普通だ。
まず、仕込み作業ではケーキの土台などを作っていき、それを焼いてライン作業でに流し、ラインに流れてきたケーキをカット。
仕上げにケーキの上にヒイラギやイチゴなどを乗っけて完成するのだ。
これが工場内の製品作りの流れである。
では、ライン作業と仕込み作業では、どちらの方が良いか。
これは、バイトに何を求めているかによって変わってくるが、楽な作業をしたい場合にはラインが良いであろう。
ただし、立ちっぱなしの作業のため慣れるまでは足腰が痛くなる点は覚悟するべきだ。
一方、忙しく動き回るのであれば仕込み作業が向いている。
当然体力も消耗するがダイエットに良いのだ。
面白い事に仕込みをしている人は脂肪があまりついておらず、ライン作業の人は明らかに脂肪がついている人が多い傾向にあるのだ。
時給については、ライン作業のほうが安いのも特徴だ。
仕込み作業は体力を使うためライン作業よりは200円ぐらい高いのである。
いくらぐらいになるかはその都道府県によって定められた最低賃金によって違うため明確な事は言えないが、ライン作業で800円から900円、仕込み作業で1000円から1100円ぐらいは貰えるのである。
どちらにせよ、自分が向いている方をしっかりと考えてから選ぶと良いだろう。